×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る進むTOP


第28話

384 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/05(火) 00:15:02 ID:DvUOFO8I
その叔父さんが倒れた。
また何か馬鹿な事をして倒れたのかとも思ったが、何故か嫌な予感が拭いきれない。
___________________________________
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\__ \
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_ \_\
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_ \\
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l__l ̄
│   ∧_∧    設 楽 場 駅.   │ │ビュン彡 ビュン彡   /●  ●      | ||  | |
│  ( ´∀`)  ========= |. .│           /         Y  Y  | ||  | |
│ MONAtetsu  Shitaraba Station  │ │≪特 急≡=−.  | ▼        |.  .| │ ||  | |
└───┬──────┬────┘ │            |_人_..    \/.  | ||  | |_____
        │↑ 改札口   │           │  ぞ ぬ ー !.\_______. | || //
        └──────┘           └────────────────┘ ||_//______
┌───────────────┐ ┌───┬───┐┌──┐         ̄|======
│┗━┯━━┯━━┯━━┯━━┯│ │      │      ││    │  ___     ‖
│    |::[↑]::|    |::[↑]::|    |::│ │      │      ││    │ |\_ \..  ‖
│    └──┘    └──┘    └│ │      │      ││    │ |  |@ ̄l|   ‖
│                        │ │      │      ││    │ |  |BUS|   ‖
│                        │ └───┴───┘└──┘ |  | し.l|   ‖ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
│| | ̄\      ./\       /\   |                      |  | .た.l|   ‖XXXXXXXXX
│| | 日. ||二||二|| 日. |l|二||二|l| 日. ||二||                      |  | ら.l|   ‖XXXXXXXXX
│| |   |..     .| . |      .| . |   │                      |  | .ば.l|   ‖
│  ̄ ̄        ̄ ̄     . ̄ ̄.  .|                            |\| .駅.l|   ‖ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | ̄ ̄| ̄ ̄\
                                              .\.|    |.    \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
:⌒)        。 。     
::  ⌒)=====゚ |\_|\
::::::: ⌒)====⊂(; ´A`)  
:::::::::::: ⌒)==== ノ    |つ
::::::::::::::::: ⌒)==r(   ヽノ
:::::::::::::::::::.......⌒)=し´ ̄ヽ_)

385 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/05(火) 00:15:31 ID:DvUOFO8I
地元の駅に着き、僕は病院へと急いだ。

地元では有数の大病院。

             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|                
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|                 
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\             
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \               
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\                  
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |             
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |            
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |          
     |         |_________.|. |   \          
   ./.|        /            \|    |
 ././|      /               \   .|
//  |     ./                  .\ .|
/   |   /                     \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
   /                              .\
  /                                  \
/                                     \
                          ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \
                                "".;:,.;:,.      \
                                          .\
そこの一室に、叔父さんが居た。

386 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/05(火) 00:15:51 ID:DvUOFO8I
以前とはまるで違う、ふっくらと健康そうに太った叔父さんがそこにいた。
倒れた拍子に折ったのか、右腕が痛々しい。
   ____________________,-、
   _______________l__j
    ________,--一;;,、 |       
    「    ,彡7ー-、j | 
   l    (_(,,/゚ ∀゚ )、
   ヽ   ,-〈__//ノ_;iつ\
    j, 、_,ー      ̄`ー\
    /               ー'\
    \,ノ                \
     /                    \
     \                  ヽ
      ノ                ヽ
      \ _ノ i    ヽ        )
        |」`〜,,     i、   ハ__,,ノ、j
        @:ノ  `ー--一  ̄ ̄ |,」
                    (@:)

叔父さんは僕を見て「やぁ」と言った。

387 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/05(火) 00:16:17 ID:DvUOFO8I
叔父さんの症状は軽い脳梗塞だった。
晩御飯の最中に突然倒れ、そのまま意識を失ったのだという。
医者の話では後遺症は残らないらしい。

                                          |
                                          |
                   _                     |
   ___彡7 ∧___   __wノ))_                       |
  :||___( ゚ ∀ ゚)__||  |\ヽXX, ∧_∧                  |
  |\  _,,,(,O'"''"O、,,_\.|  || ̄ (´∀` )_________|
  | .\ノ ゞ        ``ヽ、||   と   つ―――――――――'\
:  \/ \           ヽ、_( ( (                 \
    ヾ  ノ  r==============、(_(_)                 \
     ヾ  ノ .|| ||  || || ||  || ||                       \
      ゝ   「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|
        .ヽ,,ノ|」―――――――|」

「俺、倒れる直前に持ってた茶碗をちゃんと食卓に戻したんだぜ」
叔父さんは誇らしげにそんな事を言う。

叔父さんは全然変わっていなかった。

388 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/05(火) 00:16:41 ID:DvUOFO8I
それから僕は看病していた叔父さんの家族と両親に会った。

叔父さんの事やら、僕の事やらをいろいろと話した。

実家に戻り、近況を話しながら親父と酒を飲んだ。

久しぶりに自分の部屋の、自分の布団で寝た。

    ∧_∧ 
  [( ´∀` )]
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│
|  | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|  |  @  @|  |
|  |@  @  |  |
|  |____|  |
|__________|

見慣れた天井と蛍光灯。

本棚の卒業文集と古い雑誌。

モデルガン、キーボード、写真立て。

隠し場所の変わらないエロ本。



何も変わっていなかった。

389 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/05(火) 00:17:49 ID:DvUOFO8I





懐かしい布団の匂いに包まれながら、僕は少しだけ泣いた。



(続)

398 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:35:35 ID:Euep21ep
僕が地元に帰ってきてから一週間が経っていた。
そろそろあの街に戻らなくてはならないのに。


         ;"ヾ;   ;"ヾ ;";ヾ  " ;ヾ ; ;ヾ"  ;"ヾ ;" ;ヾ
          ;"ヾ  ;"ヾ " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ "; ヾ ;ヾ ;;;ヾ ";;;ヾ";""
          ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ; ""ヾ ;ヾ ;ヾ ;"ヾ ; ;ヾ    ;ヾ ;;:
         ;"ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;"ヾ ;ヾ ;;ヾ    ";ヾ   "; ;ヾ  ;     ";:""; ";
""ヾ  " ;" ;" ; " ;;" ヾヾ ;"  ;ヾ" ; ; ヾ ;";ヾ ;ヾ  "〃; "ヾ ;ヾ" ; ;ヾ ;;"
" "" ;ヾ ;ヾ" ;ヾ ; ヾ ;ヾ ヾ;;ヾ  ;ヾ ";ヾ"   ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;〃ヾ ヾ ;;""   ヾ ;"
  """   ;"ヾ ;"ヾ ;   ;ヾ";  ;ヾ ;ヾ;";ヾ ;ヾ";  ヾ ;ヾ ;"  ヾ " ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;"
      ;ヾ ヾ ;ヾ ヾ ;ヾ;" ;";ヾ  ";ヾ ;;ヾ ;ヾ"  " ;ヾ ;ヾ ;ヾ ; "ヾ"" ;"
     "ヾ;" ; ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ;"  ";ヾ ;"    /ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ   ";; ;ヾ ;ヾ" ;;
    "" ;ヾ ;";"ヾ;";ヾ ;ヾ__ ;;"ヾ ;ヾ; " ;ヾヾ "//  ;ヾ    ";ヾ ; ;ヾ ;ヾ ;ヾ ; ヾ
  ;"ヾヾ;"ヾ ;ヾ;"ヾ;;"ヾ;\\  ;"ヾ ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾヾ ";ヾ"  ";   ;ヾ" ; ;;ヾ"
""" "ヾ ;ヾ ;" ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;  ;"ヾ    ;ヾ; " ;;ヾ 〃";ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ  ";;ヾ ;ヾ ;""
  " " " "ヾ ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ ;ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ"  ; / "; ;ヾ ; ;ヾ ;"
      " ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;ヾ  〃 ";ヾヾ ;ヾ "  " ; ; ; ;ヾ ;ヾ";
"ヾ ; "     ;;"ヾ;"〃  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ ;;ヾ ;../ ;ヾ  ;" ;ヾ ;;ヾ ;ヾ"
   ";ヾ ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ ;;"ヾ ; ;"//  ;ヾヾ ;ヾ  ";"; ;;"ヾ ;
 " ヾ ;ヾ ヾヾ   ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;"ヾ   ; ;"  ; ヾ 〃";ヾ ;"  ";. ; ;ヾ ;ヾ ;" ;
 ;"";""; " " ;_; " ";  ;"ヾ ;ヾ ;ヾ;" "ヾ;" i  i  l ";ヾ ;;ヾ ;;"      "ヾ; ;";ヾ ;;"
   ";ヾ  ;ヾ ; ";  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;ヾ|i   l  l i|/"/゙   "    "    " ヾ "
     " ;ヾ ヾ ;"    " ;ヾ ;ヾ; " ヾ|ll l | |゛l|/"     " __
       " "        ヾ;"ヾ゛ || | ll | |.        〃_@_li
            "         | l | ゛ |  | |   "    ||BUS|
    "          "         |||   | ゛|       ヾ.二.フ
  ,,,,,   ,,,,,, "   ,,,,,   ,,,,,,    || | ゛ | l |、 ,,,     _ ||    _______
 ,,,                       ノノ 人 ヾ、 ヽ、   ,,,  || ̄ ̄| ||三三三三三三|
,,,,,   ,,,,,, "   ,,,,,   ,,,,,,,,,,   ,,,,,, "   ヽ  ヽ ゛ ,,  ||≡≡| ||三三三三三三|
       ,,,,,   ,,,,,, "   ,,,,,   ,,,,,   ,,,,        ||__| |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                       ||   \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                   ((二二)    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

何故だろう。
それがとても辛い。

399 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:36:16 ID:Euep21ep
木々の柔らかな香りと懐かしい山並み。
子供の頃と変わらない風景、そして人々。

:::::::::::::::::::::;;::::::::::::...........,,,,,,......................,,,,,............  ,   ...   ,,ノ
;;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;;;;;;:::;;:::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;::::::;;;;Z"
;;;;;;;从;;;V;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;:::::::;;;::::::::::;;::::::::::;;;ノ
:V;;;;;;V;;;;;;::;;;;V::::;;;;;::从V::::::;;;V;;;::;;;;:::::;::::;;;:;;:::;;::;;::::;;:::Z"   _,,,...:-‐‐=-..,,,_
V从;;;V;;;;VV;;;;;V从;;;;;V从;;;VV;;;;V::::;;;:::;;;;:;;::::::::::/""   ,r'":: ::      ::\,,.....,
;;;;W;;;;;WW;;;;W;;;;;;;::::;;;;;;;W;;;;;W;;;;;;;;;;从;;;;;;;::::::::::ノ   ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、
/W从;;;;::;;;;WW::从W::;:::;;;;;::WW;;;;;;;::::;;;;;;::::::::V   ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、
从W从;;;;/W从W;;;;;W;;;;;;;从W;;;;W;;;;;;;;:::::::/  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_,(("
WIW从/W从W/W;;;;从W;;;;::::;;::::::Vノ"" ,r'"::::  ...::: :...::: ::       :::  .::   :; :: _,,(("::::; :;
|;;l:/;/:://wwwv从;;;;;;;;//;;;;ノノ"""  ,r'"...::::.. ......:::::            ::.     _,,,(( :;; .:;,i'::
ル|l从WW;|//vw;W;;;;;wリリリノノ"   ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...             ._,,,"( (( ::;;; r;; ::
|l||W从W///W;;;;;wリリリノノ .('"")),r'"::....::(~::~~j;,  .:....  ::......  _,,,,     ._,,,-":((: (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;:
I|l|llij;;;;:/:/'''//Wリリリノノ"ノ(;;;::;;;;;; リ   f;;;:;;:::::::リ  .      f;;::: :;''))  (( ..::从 ;;:f::;;: :( ::::;;;; f;.. ::;;;
l|ll||l|i;;|l;::::|//''''"";;;;;;;;::::::リ !ミ|l lリノ   ((从wyル       ム;;::;;;::;;;::リ ((:;;;::(::: :::;(:::::;;; :f:::; ;; (::::;::
||l||lji(_);l:l:|/ 〈ミ从WW从ノ jl |   ll ,'丁 ト 卅 ji从 个 YwWWリノ v;;;:: ;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::: ;;
l|il|ll|l;;;;:ll::l|   '''''|lY彳" ^~''""' ゙゙゙  jl; j| ゙゙゙ ゙゙゙ . ゙~` ゙ "' ' |l; :|  " `゙';ミwリノwv从w从wv从w从
|l|lil||i;;;;:ii::h.    ||;; :|         ~^゙゙'""" .         ,,,j|l; |..       |l:: |ll;:: |ll;;: |ll ;;: ||ll;; i:: |
!l||l|ll|;l;;;i:;;イ  ,  jll;; :j、    ''""゙''                 `"'' ^'      .::jl: jll;:: |ll;;: f:l i;: !: ,

そんな単純な事が、僕の心を離してくれないのだ。

400 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:36:47 ID:Euep21ep
滞在が一日延び、二日延び・・・そして三日目。
突然、僕の携帯が鳴った。

親方からの電話だ。

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   
 |    ° Д °  |  ゴルアアアアアア
 | ◯       ◯ |   ゴルアアアアアアア
 | ┏━━━━━┓|
 | ┃着信あり.  ┃|
 | ┃寿司屋親方. ┃|
 | ┃  .     ┃|
 | ┃       .┃|
 | ┃.       ┃|
 | ┗━━━━━┛|
  \ ◯___ _◯/
  (_|__|_|__|_)
  /     i    ヽ
  / ⊂⊃__⊂⊃ ヽ
 |     ( ○ )    |
 |  (⊆)  ̄ (⊇)  |
 |  (1 )(2 )(3 ):  |
 |  (4 )(5 )(6 ):  |
 |  (7 )(8 )(9 ):  |
 |  (* )(0 )(# ):  |
 |  (口)   (≫)  |
 \     ∀   /
   \_____/


親方が戻って来ない僕を叱るために電話をしてきたのだと思った。
ところが。

401 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:37:18 ID:Euep21ep
「元気でやってるか」そう親方は言った。
てっきり怒鳴られると思っていた僕は驚く。

「叔父さんはどうだった?」
「ご両親は元気にしてるのか?」
「こっちでは雨が降ったぞ」


    ∧,,∧ D 
   ミ ゚Д゚ミD  _ 
   ミ つ  ,,ミヽ/@ヽ
  〜ミ   ミ ] ̄ ̄ ̄[
     U''U  ]二二二[


親方はそんな事ばかりを喋った。
店の事や、僕の不在にはこれっぽっちも触れないで。
そして最後に、

「店の事は心配するな。それより叔父さんを大事にしてやれよ」

402 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:37:52 ID:Euep21ep
親方は古い人である。
だから大抵の事では弱音を吐かない。

本当は大丈夫じゃないのに。

料理もお運びもレジ打ちも。

一人じゃ手に余るから僕を雇ったのに。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ┳┳┳┳┳                
 ┻┻┻┻┻  ‖ ̄‖    
 |____  ミ, ,゚Д゚彡   
,/          (ミ ヽ/ミ)  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
                                  
   ⊂⊃ ⊂⊃ ⊂⊃  ⊂⊃ ⊂⊃ ⊂⊃ ⊂⊃           
   ┃┃ ┃┃ ┃┃  ┃┃ ┃┃ ┃┃ ┃┃           

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

403 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:39:09 ID:Euep21ep
次の日、僕は街へと戻った。

     <ー<>
      / ̄ ゙̄i;:、
  r'´ ̄「中] ̄`ヾv、
  ├―┤=├―┤ |li:,
  |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;:`
  ||//__|L_」||__.||l」u|:;:
  |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|
  |_. └ー┘ ._| ||/
  ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /

もう辛くは無かった。
そりゃそうだ、最初から苦痛に感じる事なんて何も無かったのだから。
何の事は無い。
僕の帰る場所が増えたという話。

僕の地元と、もうひとつ。

404 名前:ガヤ ◆j/WWhy1z.Y :2005/04/06(水) 00:39:39 ID:Euep21ep
それが、茂名寿司本店。
                           。
 ┳┳┳┳┳   ,、____,、    ___   *゜*o
 ┻┻┻┻┻   ||_____||     ||_ __‖   ヽソ
 |____  ミ, ,゚Д゚彡   ( ´∀`) \ (:::)     ∧,,ヘ 
,/      .д  (ミ ヽ/ミ)   ( ヽ/ )   \ .\\ (∀・ )        
 ̄ ̄∧∧ ̄八 ̄ ∧∧ ̄ ̄∧ヘ ̄ ̄ ̄ .∧∧ ̄|l~l⊂⊂´(         
"ロロ(  ・)"| |.l~l (   )ロロ(_´  ).l~lロロξ;;;;;;;;)" ロロ\,___)     
 ̄´(|'¨¨`|ソ ̄ ̄"ヽ|.圭.|) ̄(|iiiiiiii|) ̄ ̄ヽ丿。゚ヽ) ̄ ̄ ̄|ノ⊃          
   (~,、,,~)   田  ( .o. )フ (::::::::) [王](~~~~)       |┃          
   ⊂⊃| ..⊂⊃ ⊂⊃0  /⊂⊃ ⊂⊃ ⊂⊃ヽ     |            
   ┃┃っ┃┃ ┃┃ と//┃┃ ┃┃ ┃┃00


戻る進むTOP